東播

  • 印刷
ため池マンたちが登場した天満大池アサザまつり=稲美町六分一
拡大
ため池マンたちが登場した天満大池アサザまつり=稲美町六分一

 ため池の植物や生き物に親しむイベント「天満大池アサザまつり」が27日、兵庫県稲美町六分一の同池周辺であり、大勢の親子連れらが訪れた。ヒーローショーやパネル展示で、希少な植物アサザなど水辺環境を守る大切さが伝えられた。

 黄色い花を咲かせるアサザは県レッドデータブックBランク。天満大池は貴重な群生地だが、外来生物ナガエツルノゲイトウの繁殖で減っている。まつりはアサザを守る活動を啓発するため、同池土地改良区などが毎年秋に開いている。

 ヒーローショーには、ご当地キャラの「ため池マン」「疏(そ)水マン」「ジビエマン」が登場。外来種のアメリカザリガニから環境を守る寸劇を通じ、ため池には米作りや防火用の水をためる役割があり、アサザなど多くの生き物を育んでいることを説明した。

 会場にはオニバスやタモロコなどが展示。唐揚げにしたライギョやコイの試食もあり、明石市立大久保南小3年の女児(8)は「初めて食べた。身が柔らかくておいしかった」と笑顔だった。(若林幹夫)

東播の最新
もっと見る

天気(10月25日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 20℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ