東播

  • 印刷
上映会とワークショップをPRする阪口努さん=加古川市加古川町寺家町、東播磨生活創造センター「かこむ」
拡大
上映会とワークショップをPRする阪口努さん=加古川市加古川町寺家町、東播磨生活創造センター「かこむ」

 子どものみそ造りを題材にした映画「いただきます みそをつくるこどもたち」の上映会と、みそと具材を練り混ぜた手作りのインスタント食品「みそ玉」を作るワークショップが10月3、4日、兵庫県加古川市加古川町寺家町の市民活動拠点「00(ゼロゼロ)ワークショップスペース」で開かれる。

 NPO法人の活動支援やまちづくりに取り組むNPO法人「シミンズシーズ」(同市)が主催。新型コロナウイルス感染症の影響で気分が沈みがちな親子に、映画でリフレッシュしてもらい、料理を通じて子どもたちの考える力を育もうと企画した。

 上映する「いただきます-」は75分のドキュメンタリー作品。園児が自分たちで食べるみそを仕込んでいる福岡市の保育園と、30年前から和食の給食を取り入れている神奈川県の保育園を舞台に、食の大切さを伝えている。ナレーションは女優の石田ゆり子さん。上映終了後には、みそに麩(ふ)やとろろ昆布を混ぜ込み、湯を注ぐだけでみそ汁になるみそ玉を作る。

 同法人の阪口努常務理事(37)は「親子でほっこりしながら、食育について考える機会にしてほしい」と話す。

 両日とも午前10時と午後2時に上映開始。各回先着20組。鑑賞は大人千円、高校生以下無料。ワークショップの参加費は1人400円で、作ったみそ玉は持ち帰れる。要予約で、当日はマスクの着用が必要。同法人TEL079・422・0402、メールinfo@npo‐seeds.jp

(門田晋一)

東播の最新
もっと見る

天気(11月27日)

  • 17℃
  • 12℃
  • 40%

  • 17℃
  • 9℃
  • 70%

  • 18℃
  • 11℃
  • 40%

  • 18℃
  • 9℃
  • 40%

お知らせ