東播

  • 印刷
電話応対の練習をする新入社員=加古川商工会議所
拡大
電話応対の練習をする新入社員=加古川商工会議所

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で半年遅れの開催となった「新入社員セミナー」が13日、加古川商工会議所(兵庫県加古川市加古川町溝之口)で始まった。ビジネスの基本となる電話応対や敬語表現についてマナーの専門家が講義し、新人同士で実践練習にも励んだ。(笠原次郎)

 当初は4月上旬の2日間で開くはずだったが延期に。多くの中小企業でも、コロナ禍で新入社員が十分に研修を受けられないまま現場に出ざるを得なかった。今回は、入社後半年の節目も振り返りながらビジネスマナーに磨きをかけるため、東播2市2町にある25社の計42人が、15日まで1日ずつ分散して受講する。

 講師は、大手スポーツメーカーで会長秘書も務めた原田朋子さん(52)=同県芦屋市。入社時の目標とその達成度を参加者に尋ねたほか、机上の整理で書類や資料を探すのに適さない「平積み」は厳禁とした。電話応対の練習では「上司の不在時には、折り返し電話をするようしっかり提案を。大きな商談を逃す可能性もある」と助言した。

 城山開発(加古川市志方町野尻)経営のゴルフ場で受け付け業務を担う参加者(19)は「電話で先方の用件をしっかりと確認するというアドバイスが、参考になった」と話した。

東播の最新
もっと見る

天気(10月30日)

  • 18℃
  • 13℃
  • 10%

  • 15℃
  • 10℃
  • 60%

  • 18℃
  • 12℃
  • 10%

  • 17℃
  • 11℃
  • 30%

お知らせ