東播

  • 印刷
「お家でできるフレイル予防体操」の一場面
拡大
「お家でできるフレイル予防体操」の一場面
「お家でできるフレイル予防体操」の一場面
拡大
「お家でできるフレイル予防体操」の一場面
加古川市社会福祉協議会が制作したフレイル予防体操のDVD
拡大
加古川市社会福祉協議会が制作したフレイル予防体操のDVD

 新型コロナウイルス感染予防で、外出を控える高齢者の運動不足解消につなげようと、加古川市社会福祉協議会(兵庫県加古川市)は、自宅で1人でも取り組めるトレーニング動画「お家(うち)でできるフレイル予防体操」を作った。フレイル(虚弱)は要介護となる一歩手前の状態で、柔道整復師が動画を監修。動画投稿サイト「ユーチューブ」やケーブルテレビ「BAN-BANネットワークス」で流し、市内の各地域包括支援センターでDVDを貸し出している。(若林幹夫)

 同市社協によると、4月の緊急事態宣言後、閉じこもりがちになる高齢者が増加。心身の活力が低下し、フレイルになりやすい状況という。動画の内容は、県柔道整復師会監事を務め、加古川市東神吉町神吉で針きゅう接骨院を開く外林雅夫さんが考案。肘の曲げ伸ばしや肩の上下、足踏み、手足の動作を組み合わせた運動など6種類があり、構想から完成まで3カ月かけた。

 撮影、編集はBAN-BANが全面協力。同市社協各部署の職員有志も出演し、外林さんの施術時間の合間を縫って収録した。準備運動から始まり、外林さんが「肘が下がらないように」などと意識するポイントとともに各運動を解説し、座ってできる方法も実演。最後はBAN-BANのキャラクター「播左衛門」などと一緒に運動する。

 DVDは約26分間。冒頭にフレイル予防の必要性について説明があり、各運動を個別に見ることもできる。BAN-BANの放送は月-木曜の午前9時半~10時と午後7時半~8時、金-日曜の午後8時~8時半。ユーチューブの同市社協専用チャンネルも設けた。

 同市社協地域福祉推進課の本山政幸課長は「動画を見てもらえる機会を多く用意した。高齢者のサロン活動も少しずつ再開している。継続して取り組んでもらい、じわじわと広がってほしい」と話す。

東播の最新
もっと見る

天気(10月31日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ