東播

  • 印刷
境内にはてんぐが登場し、太鼓の音が響いた=尾上神社
境内にはてんぐが登場し、太鼓の音が響いた=尾上神社

 新型コロナウイルス感染症の影響で兵庫県東播各地の秋祭りが縮小される中、18日に本宮があった同県加古川市尾上町の2神社では、てんぐや太鼓みこしの登場、武者姿の頭人行列などでにぎわった。恒例の屋台やみこしの巡行は来年以降に持ち越しとなったが、境内には太鼓の音や子どもらの笑顔が広がった。(若林幹夫、門田晋一)

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

東播の最新
もっと見る
 

天気(7月30日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ