東播

  • 印刷
靴下をアピールする加古川商工会議所女性会の(左から)繁田モンディーニ陽子理事、吉野三枝会長、落合順子副会長、竹中真利子副会長=加古川市加古川町粟津
拡大
靴下をアピールする加古川商工会議所女性会の(左から)繁田モンディーニ陽子理事、吉野三枝会長、落合順子副会長、竹中真利子副会長=加古川市加古川町粟津

 加古川商工会議所女性会(兵庫県加古川市)と県靴下工業組合(同県高砂市神爪1)が、加古川市で生産が盛んな靴下のセットを計300人に抽選で贈る。両団体は1997年から毎年、靴下の日(11月11日)前後に「靴下まつり」を開き、商品の多くが市価の半値以下で買えるとあって人気を集めてきたが、今年は新型コロナウイルス感染防止のため中止に。その代替として、同商議所女性会役員が「明るい話題を」と靴下プレゼントを企画した。(笠原次郎)

 コロナ禍でも頑張る地場産業を身近に感じてほしいと、同組合の全59社のうち11社が賛同。各社が、冬の寒さに対応する起毛タイプや竹炭の力で消臭効果があるものなど自慢の商品を1~3足選び、それを1セットにして提供する。

 女性会メンバーが経営する加古川市内の22店で申込書を入手し、住所や名前などを書いて同じ店で申し込む。店舗の一覧は同商議所のホームページから見られる。締め切りは11月1日。女性会が同11日に抽選し、同下旬に商品を発送する。

 喫茶店を経営する吉野三枝(みえ)女性会会長(63)=加古川市=は「新型コロナの感染が広がり、当たり前だったことがそうではないと気付いた。たくさんのことに感謝の気持ちが湧き、その気持ちをお裾分けしたい」と話す。加古川商議所女性会事務局TEL079・424・3355

東播の最新
もっと見る

天気(12月3日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 50%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ