東播

  • 印刷
東播磨の2区坂本幸妃音選手(左)から3区藤本咲絢選手にたすきがわたる=西脇市総合市民センター
拡大
東播磨の2区坂本幸妃音選手(左)から3区藤本咲絢選手にたすきがわたる=西脇市総合市民センター
東播磨の2区御栗滉真選手(右)にたすきをつなぐ1区吉田翔選手=西脇市総合市民センター
拡大
東播磨の2区御栗滉真選手(右)にたすきをつなぐ1区吉田翔選手=西脇市総合市民センター

 兵庫県高校駅伝競走大会東播地区予選会(神戸新聞社など後援)が24日、同県西脇市内で開催された。同市総合市民センター(西脇市西脇)を発着、中継点とする男子7区間42・195キロ、女子5区間21・0975キロのコース。東播勢では、昨年に続いて東播磨の男子が2位、女子が3位に入り、11月8日に丹波篠山市で開かれる県大会への出場を決めた。選手たちは喜びをかみしめ、さらなる飛躍を誓った。(杉山雅崇、長嶺麻子)

■東播磨・男子 納得いく走り「県大会でも」

 東播磨は今回も安定した走りを見せ、西脇工業に次ぐ2位でフィニッシュした。2区を駆け抜けた御栗滉真(みくりこうま)選手(1年)は、区間2位の9分26秒でたすきをつなぎ、好成績の原動力となった。

 1週間前に体調を崩し、急きょ2区に回った。御栗選手は「粘り強く走ることができた。県大会ではアンカーを任せられるよう調整したい」と意欲を見せる。

 3区の前田柚(ゆず)主将(3年)は「今日は納得のいく走りだったと思う。県大会でも勝ち抜き、近畿大会に出たい」と先を見据えていた。

■東播磨・女子 「近畿」目標に坂道で猛練習

 5年連続で県大会出場を決めた東播磨。3年1人、1、2年4人の布陣で臨み、4区の1年西尾わこと選手は区間賞に輝いた。休校期間中は部員同士がラインで連絡を取り合いながらモチベーションを維持し、力を付けてきたという。

 大会直前に3年の神吉優海主将が左足の負傷で欠場。3区の3年藤本咲絢選手は「1、2年が長い距離を頑張って走ってくれた」と感謝する。昨年、惜しくも逃した近畿大会出場に向け、坂道での練習量も増やした。神吉主将は「県大会までに治して、皆で目標を果たしたい」と意気込んだ。

■各地区の予選成績はこちら(※成績は会員向け有料)

東播の最新
もっと見る

天気(11月27日)

  • 17℃
  • 12℃
  • 40%

  • 17℃
  • 9℃
  • 70%

  • 18℃
  • 11℃
  • 40%

  • 18℃
  • 9℃
  • 40%

お知らせ