東播

  • 印刷
動画一覧へ
見通しの悪い交差点での衝突事故を再現するスタントマン=播磨南高校
拡大
見通しの悪い交差点での衝突事故を再現するスタントマン=播磨南高校

 自転車が絡む事故をスタントマンが再現する交通安全教室が28日、兵庫県播磨町古宮4の播磨南高校で開かれた。全校生徒約590人が事故の衝撃を目の当たりにし、自転車の安全運転に向けて意識を高めた。

 JA兵庫南、加古川署などが主催。同校では約8割の生徒が自転車で通学し、毎年度10件以上の自転車事故が報告されているという。

 安全教室では、乗用車と自転車が見通しの悪い交差点で接触する場面や、止まった車の脇をすり抜けた自転車が、右折車と衝突する「サンキュー事故」など7事例を再現。スタントマンが車に飛ばされると、生徒から悲鳴が上がった。

 最寄り駅から自転車で通学する2年男子生徒(16)は「通学路には細い道もあり、夜は見通しも悪い。周りの安全を確認するなど、小さな心掛けを積み重ねたい」と話した。(千葉翔大)

東播の最新
もっと見る

天気(11月28日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 80%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ