東播

  • 印刷
バッティングのお手本を見る選手ら=浜田球場
拡大
バッティングのお手本を見る選手ら=浜田球場

 平均年齢が76歳を超すというソフトボールチーム「ハリマシニア」が、兵庫県播磨町本荘の浜田球場で、週2回の練習に励んでいる。弱ってしまった足腰のせいで一塁が遠く、ライトゴロでのアウトも頻発。年のせいか頑固になり、監督の指示を無視する選手もいるという。とにかく打球を前に転がせば、何かが起きる-。珍プレー続出の中、笑い声とともに汗を流す。(笠原次郎)

 1996年に播磨町で発足。現在は38人が同町を中心に同県加古川、明石市などから集う。高齢男性でつくるソフトボールチームは同県の播磨、但馬地域に10チームほどあり、その中でも“若手”の新規加入が少なく、高齢選手の多さが際立つという。

 最年少は65歳で、最高齢の西尾節(たかし)さん(83)=同町=は97年に入部。不整脈はあるが、「週2回の練習が楽しみ。ソフトボールのおかげで元気でいられる」と笑顔を見せる。

 大腸がんを克服した人もいて、心臓にペースメーカーを装着している高永俊弘さん(77)=同県姫路市=は「病気を経てもプレーできる喜びは大きい」と口元を緩める。

 練習では、守備でゴロをトンネルしてから一拍置いて球を追い掛けたり、脚が弱ってフライの落下点に入れずに球を落としたりと、珍プレーが頻発する。堀池修監督(74)=同県稲美町=は「いちいち怒っていたらきりがないわ」と達観した様子。「勝敗は二の次。これからも健康でいるために、みんなで楽しくプレーしていきたい」と話す。

 60歳以上の入部希望者を募集中。浜田球場での練習は毎週月、木曜の午前8時半~正午。他チームとの交流試合もある。年会費は1万5千円。

東播の最新
もっと見る

天気(11月28日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 80%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ