東播

  • 印刷
動画一覧へ
自転車でジャンプ台を乗り越える子ども=向島公園
拡大
自転車でジャンプ台を乗り越える子ども=向島公園

 兵庫県高砂市が活用策を模索する向島公園周辺エリア(同市高砂町向島町)で7日、民間事業者が提案した催しの第1弾として、オフロード用自転車の乗り方教室が開かれた。子どもや高齢者ら約30人が車体のバランスを上手に保つ方法などを習い、気持ちの良い汗を流した。

 市は同公園やナイター付き多目的球場といった公共施設の活用方法を検討。民間から暫定的な利用方法を募り、12月までに7団体が計八つのイベントを行う。

 この日は、マウンテンバイクのワールドカップ出場経験があり、同市高砂町南浜町でスポーツ自転車専門店「プロショップワイアールエス」を営む山本明さん(53)が指導した。ブレーキを使う際は、腰を後輪に向かって落とせばよく利く上に「姿勢を低く保てば倒れにくくなる」と説明。参加者はジャンプ台などにも挑戦し、上手にバランスを取って越えていた。播磨南小5年の男児(11)と弟(9)は「風が気持ちいいし、楽しかった」と話した。

 8日午前9時~午後2時には同公園の松林で、足を着かずに一定の距離を走る「トライアル大会」を開く。観覧無料。第2回は12月12、13日にある。同店TEL079・497・5807

(門田晋一)

東播の最新
もっと見る

天気(1月25日)

  • 13℃
  • 7℃
  • 10%

  • 11℃
  • 4℃
  • 10%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ