東播

  • 印刷
ポプラの枝で作ったクリスマスツリーに飾りを付ける園児=西神吉幼稚園
拡大
ポプラの枝で作ったクリスマスツリーに飾りを付ける園児=西神吉幼稚園
ポプラの大木がクレーンで刈り取られる様子を見守る園児ら=12月7日(西神吉幼稚園提供)
拡大
ポプラの大木がクレーンで刈り取られる様子を見守る園児ら=12月7日(西神吉幼稚園提供)
斜めに切った年輪部分には園児がサンタクロースや自分の顔を描いた=西神吉幼稚園
拡大
斜めに切った年輪部分には園児がサンタクロースや自分の顔を描いた=西神吉幼稚園

 兵庫県加古川市立西神吉幼稚園(同市西神吉町西村)にある高さ約30メートルのポプラが老木となったことから、安全のため太い幹を残して半分の高さまで刈り込まれた。同園は、園歌にも登場するシンボルツリーを生かそうと、刈り取られた枝や幹を使った円すい形のクリスマスツリーを園庭に設置。園児らは16日、飾り付けを楽しんだ。(笠原次郎)

 同園は1924年、西神吉小学校付設幼稚園として発足。ポプラが植えられた時期は定かではないが、創立50周年の74年には園歌が作られ、1番の冒頭で「高い高いポプラの木」と歌われるなど園児や保護者に親しまれてきた。

 樹勢に衰えが見え始めたため、今月7日、大型クレーンを使って専門業者に枝を刈り取ってもらい、太い幹を残して樹高は約15メートルになった。その際に伐採した枝でツリーを作ることを、坂上加奈恵園長(45)が提案。先生たちが枝や幹を円すい形に組み、高さ1・5~2メートルの5組を園庭に並べた。

 約20人の園児は輪切りにしたポプラの幹にトナカイなどを描き、ツリーに飾り付けた。斜めに切った幹の年輪部分には、サンタクロースや自分の顔を描いて楽しんだ。幹に雪だるまや雪の結晶を描いた女児(5)は「立派なクリスマスツリーができてうれしい。おうちでもらうプレゼントも楽しみ」と話す。

 ツリーは年末まで園庭に飾られる。

東播
東播の最新
もっと見る

天気(1月28日)

  • 11℃
  • 6℃
  • 20%

  • 12℃
  • 3℃
  • 50%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 12℃
  • 4℃
  • 20%

お知らせ