東播

  • 印刷
高砂市役所
拡大
高砂市役所

 兵庫県高砂市は24日、新型コロナウイルスワクチンの一般市民に対する集団接種を、当初は2021年度に80歳以上になる人に限定し、4月17日に始めると発表した。接種は2回必要で、初回は同日と5月8日、2回目は4月24日と5月15日。

 同市には、4月12日の週と26日の週に米ファイザー製のワクチンが届く予定だが、当初は最大で975人分と限られるため、対象年齢を引き上げた。会場も予定していた市民病院(同市荒井町紙町)は今回見合わせ、市総合体育館(同市米田町島)のみで接種する。

 対象は1942年4月1日以前に生まれた市民8545人で、当初の定員は先着900人。市は3月31日、接種券(クーポン券)と予診票を発送する。予約は4月5日午前8時半に受け付け開始。希望者はワクチンコールセンター(TEL079・443・5556、無休、午前8時半~午後5時15分)で2回分予約する。

 接種できる時間帯は4日間とも午後1時45分~同4時半。接種当日は記入した予診票とクーポン券、運転免許証などの身分証明書、ボールペン、お薬手帳(服薬中の人のみ)を持参する。接種のキャンセルや質問なども同センターで受け付けている。(笠原次郎)

東播
東播の最新
もっと見る

天気(5月10日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ