東播

  • 印刷
2基の灯台の間に入り込んだように見える夕日=播磨町新島から
拡大
2基の灯台の間に入り込んだように見える夕日=播磨町新島から

 兵庫県播磨町新島の西側と神戸製鋼所加古川製鉄所(同県加古川市金沢町)の南に、それぞれ立つ灯台。赤と白の2基の間にここ数日、太陽が沈むようになった。

 同町新島の岸壁から、春と秋ごろの限られた期間にしか見られない光景。晴れ渡っていた7日、2基の灯台の間に夕日がすっぽりと入り込んだ。海はオレンジ色に染まり、灯台周辺の釣り人や沖に浮かぶ船はシルエットとなった。

 岸壁の上に集まった写真愛好家は、眼前に広がるドラマチックな光景に夢中でシャッターを切っていた。(門田晋一)

東播
東播の最新
もっと見る

天気(5月17日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 80%

  • 25℃
  • ---℃
  • 90%

  • 26℃
  • ---℃
  • 80%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ