東播

  • 印刷
2019年5月に開かれた踊っこまつりの様子=加古川市加古川町北在家
拡大
2019年5月に開かれた踊っこまつりの様子=加古川市加古川町北在家

 兵庫県加古川市で毎年5月に開かれていた県内最大級の踊りの祭典「踊(おど)っこまつり」が、今年は9月23日に開催される方向となった。新型コロナウイルス感染拡大を受け、昨年は1999年に始まって以来、初めての中止に。市内の屋外会場を利用し、無観客にすることも含めて検討している。

 同まつりはNPO法人「踊っこまつり振興会」が毎年5月、前夜祭を含めて3日間にわたって催してきた。市内外から約15万人が訪れ、大型連休の風物詩になっていた。

 コロナ禍が収束せず、参加チームも練習が十分にできていないことなどから、今年も5月の開催を断念。9月23日の1日だけとし、インターネットで中継を配信する方針という。

 同振興会は感染防止のための練習ガイドライン(指針)を作り、市内のよさこいチームなどに提示。活動場所の出入りは踊り子やスタッフ、指導者に限定する▽水分補給以外の飲食はしない▽小道具の共有はしない-などの対策を示した。

 今後、会場などの詳細を決めた上で、参加チームを募集する。同振興会は「踊りで地域を盛り上げたいという思いは変わらない。どうすれば安全に開催できるのか、さらに検討したい」とする。(斉藤正志)

東播

兵庫がもっと好きになるニュースお届けします。「神戸新聞ニュースレター」の購読は、下のフォームから。

利用規約に同意の上、登録ボタンをクリックしてください。

東播の最新
もっと見る

天気(5月17日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 70%

  • 26℃
  • ---℃
  • 80%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ