東播

  • 印刷
動画一覧へ
ワクチンの接種を受ける高齢者=加古川市民会館
拡大
ワクチンの接種を受ける高齢者=加古川市民会館

 兵庫県加古川市内の80歳以上の高齢者を対象にした新型コロナウイルスワクチンの集団接種が8日、市内4会場で始まった。東播2市2町での一般市民への接種開始は、高砂市に続く2例目となる。予約していた480人が注射を受け、副反応を訴える人はいなかった。(斉藤正志)

 各会場に医師や看護師ら計52人が出向いて実施。加古川市加古川町北在家の市民会館では、入り口前のスペースを待合所とし、高齢者が間隔を空けて座って順番を待った。

 午後2時から市職員が一人ずつ受け付けに案内し、本人確認書類や予診票への記載を確認。高齢者は小ホール内に設けたブースに入り、医師の問診を受けた。

 看護師から上腕に注射を受けた後は、経過観察のため、別室で15分程度待機。この日に接種を受けた高齢者は、3週間後に同じ会場で2度目の接種を受ける。同市の女性(80)は「西宮市に住む息子がインターネットで予約してくれた。コロナに感染しないか不安だったので、ワクチンを打ててほっとした」と話した。

 この日は3会場で計3人が当日にキャンセルしたため、医療従事者が代わりに接種を受けた。

 加古川市の接種予約を巡っては、受付開始日に電話やネットがつながりにくくなり、市に苦情が相次いだ。5月1日には予約枠を拡大して受け付けたが、大きな改善は見られず、市は次回の同15日に予定していた受け付けについて、予約方法の変更も含めて検討している。

東播新型コロナワクチン
東播の最新
もっと見る

天気(6月22日)

  • 28℃
  • 22℃
  • 30%

  • 28℃
  • 18℃
  • 30%

  • 30℃
  • 22℃
  • 30%

  • 30℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ