東播

  • 印刷
自宅2階への避難訓練に参加する住民=加古川市尾上町
拡大
自宅2階への避難訓練に参加する住民=加古川市尾上町

 梅雨の出水期に合わせ、兵庫県加古川市尾上町養田の養田南町内会(約740世帯)が6日、建物の上階に逃げる垂直避難訓練に取り組んだ。大雨で近くの加古川が氾濫し、浸水のため指定緊急避難場所へ行けなくなった-との想定。自宅2階などに上がるよう町内放送で呼び掛け、住民は助け合いながら参加していた。

 養田南地区は加古川の河口付近に位置し、海抜は平均約2・2メートル。訓練は自主防災組織「養田南防災団」が昨年に続いて企画した。

 町内放送は午前10時、屋外スピーカーから流れた。1人暮らしで足が不自由な女性(73)の元には、近くに住む長女(46)が駆け付け、防災グッズの入ったリュックサックを背に、階段を上る女性を支えた。

 同町内会の松浦聡彦(としひろ)会長(61)は「訓練を経験していると、いざというときにも素早く行動できる。住民の危機意識を高めるためにも続けたい」と話した。(石崎勝伸)

東播防災
東播の最新
もっと見る

天気(6月22日)

  • 28℃
  • 22℃
  • 30%

  • 28℃
  • 18℃
  • 30%

  • 30℃
  • 22℃
  • 30%

  • 30℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ