東播

  • 印刷
拡大

 兵庫県高砂市は26日、新型コロナウイルスワクチンの集団接種について、国からの十分な供給が見通せないとして停止していた16~64歳の優先対象者の予約受け付けを、8月2日午前8時半に再開すると発表した。供給量が当初の予定より減るため、新規受け付け分から高砂市総合体育館(同市米田町島)での接種を取りやめ、同市民病院(同市荒井町紙町)だけで実施する。

 16~64歳の優先対象者は当初、7月5日から予約できる予定だった。今後の受け付け分については同病院で土曜午後、日曜の午前と午後に接種。優先順位は従来と同じで、基礎疾患がある人(自己申告)と高齢者施設などの従事者(施設の証明書が必要)が8月2日から予約でき、同15日から接種を受ける。

 一般の45~64歳と市内に住む44歳以下の保育士と教諭らは同16日から予約でき、接種開始は10月2日以降となる。一般の16~44歳の予約開始日は未定という。

 市内では各医療機関が個別接種を実施しており、16歳以上の予約を受け付けている。対象は施設によって異なる。市健康増進課TEL079・443・3936

(笠原次郎)

東播新型コロナワクチン
東播の最新
もっと見る
 

天気(9月26日)

  • 26℃
  • 22℃
  • 50%

  • 26℃
  • 19℃
  • 50%

  • 27℃
  • 21℃
  • 60%

  • 25℃
  • 21℃
  • 70%

お知らせ