東播

  • 印刷
感謝状を受け取る川下正忠局長=加古川署
拡大
感謝状を受け取る川下正忠局長=加古川署

 還付金の手数料名目の詐欺被害を防いだとして、兵庫県警加古川署は、加古川新神野郵便局(加古川市新神野5)に、角田正文署長が感謝状を贈った。

 同署や川下正忠局長(39)によると、6月28日午後に1人で同郵便局を訪れた女性が、現金自動預払機(ATM)の操作方法が分からず、窓口の女性局員に「『還付金がある』と電話があったけど、どうすればいいか」と尋ねたという。

 女性局員は上司に相談し、川下局長も把握。同署員が駆け付けるまでの約30分間、女性の携帯電話には犯人からとみられる非通知設定の電話が2、3件あった。川下局長は「出ないでください」と女性を説得。同郵便局を訪れる直前、女性は「ムカイ」と名乗る男から介護保険の還付金について電話を受けており、手数料名目で約3万円を要求されていたという。

 川下局長は「女性が窓口に相談してくれたのが不幸中の幸い。今後もお客さまの立場になり、全員で詐欺の被害を食い止めたい」と話した。(千葉翔大)

東播
東播の最新
もっと見る
 

天気(9月20日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ