東播

  • 印刷
住宅地、商業地ともに地価の上昇が続くJR加古川駅北側
住宅地、商業地ともに地価の上昇が続くJR加古川駅北側

 2021年の基準地価調査が21日発表され、兵庫県加古川市、高砂市などの住宅地が全体的に下落する中、区画整理されたJR加古川駅北側の加古川市加古川町溝之口と、宝殿駅徒歩圏内の高砂市神爪4の上昇が目立った。商業地は、飲食店が多い東加古川駅南側の加古川市平岡町新在家が、前年比マイナス1・6%と加古川市内で唯一下落。新型コロナウイルス感染拡大の影響とみられる。(若林幹夫)

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

東播
東播の最新
もっと見る
 

天気(10月20日)

  • 19℃
  • 13℃
  • 20%

  • 16℃
  • 12℃
  • 90%

  • 20℃
  • 14℃
  • 20%

  • 18℃
  • 14℃
  • 40%

お知らせ