東播

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 衆院議員の任期満了が10月21日に迫り、近く総選挙があります。知っているつもりでも、実は詳しく知らない選挙の仕組みや言葉の意味などを、兵庫・東播地域に暮らすかこじぃ(81)、かこばぁ(75)と一緒に学びます。

 かこじぃ よく選挙の後に「1票の格差」がニュースになるのぅ。

 かこばぁ 衆院小選挙区は全国で289区。各都道府県にまず1選挙区を置いて、残りを人口比で割り振っているわ。東京が25区、福井や鳥取は2区だけど、これだと各選挙区の有権者数が違うのよ。最多の東京13区は約48万人、最少は鳥取1区の約23万人で、差は2倍以上。これが格差よ。

 かこじぃ 何が問題なんや?

 かこばぁ 小選挙区は有権者が何人でも選ぶ議員は1人よね。例えば20万人から選ばれた1人と、10万人から選ばれた1人では、10万人の地域の影響力が倍になっちゃう。これじゃあ、1票の価値に差が出て不平等っていうことなのよ。憲法が保障する「法の下の平等」に反するわ。前回の2017年は最大1・98倍だったけど、2倍を超えたときは最高裁に違憲状態と判断されたわ。

 かこじぃ 兵庫10区(加古川、高砂市、稲美、播磨町)はどうじゃ。有権者はだいたい35万人やから、鳥取1区の1・5倍やな。有権者の数は全国的には真ん中ぐらいやけど、県内12区中では下から3番目か。大都市は1票の価値が“小さい”ままやから、見直さんとあかんのやな。

 かこばぁ まず都道府県に選挙区を1ずつ置くのをやめて、20年の国勢調査の結果に基づき、人口比をより正確に反映する方式に変わるの。15都県で「10増10減」になり、都道府県間の格差が1・7倍ぐらいに収まる。兵庫は12区のままね。この秋の衆院選には改正が間に合わなそうだけど、東京は5も増えるのに、東北や中国地方の10県は1ずつ減ってしまうわ。

 かこじぃ それやったら、地方の議員が減って声が届きにくくなるんやないんか。

 かこばぁ 「地方軽視」の不満は出てきそうね。選挙区が減る県は候補者の調整も大変そうよ。(若林幹夫)

東播選挙
東播の最新
もっと見る
 

天気(10月20日)

  • 19℃
  • 13℃
  • 20%

  • 16℃
  • 12℃
  • 90%

  • 20℃
  • 14℃
  • 20%

  • 18℃
  • 14℃
  • 40%

お知らせ