東播

  • 印刷
マイクに向かい、衆院選の投票を呼び掛ける加古川南高校放送部員=加古川市加古川町粟津
拡大
マイクに向かい、衆院選の投票を呼び掛ける加古川南高校放送部員=加古川市加古川町粟津

 19日公示、31日投開票の衆院選に向け、加古川南高校(兵庫県加古川市加古川町友沢)放送部の1年生4人が11日、投票を呼び掛ける啓発用音声を収録した。音声は19~31日、加古川市内の各公民館や市選挙管理委員会の公用車から流すほか、市のホームページ上で聞くこともできる。

 市選管が若年層を含めた投票率アップを目指し、選挙の際は市内の高校に啓発の協力を求めている。収録はコミュニティーFM局などを運営する「BAN-BANネットワークス」(同市加古川町粟津)で実施。生徒は順番にマイクの前に座り、同社ラジオ制作担当者の助言も受けながら、期日前投票の会場案内や、投票日用に「必ず投票に行きましょう」といった音声を吹き込んだ。

 西山佳那さん(15)は「標準語を耳に慣れさせるためにニュースを聞いていると、世の中のことがだんだん分かってきた。音声を聞いた人には、投票日に予定があっても期日前投票に行ってほしい」と話した。(広岡磨璃)

東播
東播の最新
もっと見る
 

天気(12月4日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 50%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ