東播

  • 印刷
復元させる高砂染の狂言衣装を前に話し合う(左から)茂山千五郎さん、エモズティラボの寄玉昌宏社長、佐々木洋次さん=京都市上京区
復元させる高砂染の狂言衣装を前に話し合う(左から)茂山千五郎さん、エモズティラボの寄玉昌宏社長、佐々木洋次さん=京都市上京区

 姫路藩のお抱え能楽師だった江崎家の第12代当主、江崎欽次朗さん(47)=兵庫県姫路市=が、同藩の特産品だった高砂染の江戸時代の衣装を基に、能衣装の復元に取り組んでいる。京都市内の専門業者で仕立てられ、完成品を使った能「高砂」が26日、同県高砂市高砂町東宮町の高砂神社で披露される。(笠原次郎)

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

東播
東播の最新
もっと見る
 

天気(11月29日)

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 15℃
  • 1℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 0%

  • 16℃
  • 2℃
  • 0%

お知らせ