東播

  • 印刷
拡大

 兵庫県高砂市議会は25日、臨時会を開き、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種に必要な追加経費1億600万円を盛り込んだ議案など、計6議案を可決した。

 2回目の接種から8カ月が経過した市民らが対象。接種開始は、医療従事者が12月、65歳以上が来年1月、64歳以下は同3月を見込む。1、2回目と同じワクチンを使う予定で、集団と個別の接種で対応する。

 また、公用車が昨年8月に市役所近くの交差点で歩行者に接触、右足のかかとを骨折させた事故について、市が45万900円を賠償する議案も可決した。(笠原次郎)

東播新型コロナワクチン
東播の最新
もっと見る
 

天気(1月21日)

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

  • 3℃
  • 0℃
  • 70%

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

  • 4℃
  • 0℃
  • 40%

お知らせ