東播

  • 印刷
ローソン高砂阿弥陀店を代表して感謝状を受け取る田村正店長=高砂署
拡大
ローソン高砂阿弥陀店を代表して感謝状を受け取る田村正店長=高砂署

 電子マネーが絡む特殊詐欺を防いだとして、兵庫県警高砂署は、ローソン高砂阿弥陀店(同県高砂市阿弥陀町阿弥陀)に署長感謝状を贈った。

 同署などによると、10月14日午後、同店に60代の男性が来店。レジのアルバイト女性に「(電子マネーを)どうやって購入するのか」と尋ねた。女性は2019年にも同様の詐欺被害を防いでおり、購入方法に戸惑う様子に今回も被害を疑い、その目的を聞きながら110番したという。

 同署によると、男性は京都府内の大学に通う学生で、新型コロナウイルス禍でオンライン形式の講義を受けていたところ、パソコン画面にウイルス感染の警告が出現。遠隔操作による対処費用として9万円を要求されていた。

 同店の田村正店長(45)は「高額の電子マネーを買うお客さまには、目的を聞くよう従業員に声掛けしていた。詐欺被害を防ぐ意識が浸透してきた結果だと思う」と話した。(千葉翔大)

東播
東播の最新
もっと見る
 

天気(1月21日)

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

  • 3℃
  • 0℃
  • 70%

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

  • 4℃
  • 0℃
  • 40%

お知らせ