東播

  • 印刷
地上デジタル放送波を活用した災害情報の伝達について説明する芝勝徳教授=加古川市役所
地上デジタル放送波を活用した災害情報の伝達について説明する芝勝徳教授=加古川市役所

 兵庫県加古川市が、テレビの地上デジタル放送波を利用し、市民に災害情報を届けるシステムの導入を目指している。アンテナ端子につないだ受信機が、ブザーや音声、文字で、市が発令した避難指示などを伝える仕組み。防災行政無線に比べて多額の設備投資が不要で、テレビを見られる場所なら安定して情報を受け取れる。市は来年2月から町内会、消防団などに約600個の受信機を配布する。(斉藤正志)

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

東播防災
東播の最新
もっと見る
 

天気(1月18日)

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 3℃
  • ---℃
  • 80%

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 5℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ