東播

  • 印刷
小さな花をたくさん付けたジュウガツザクラ=加古川市加古川町篠原町
拡大
小さな花をたくさん付けたジュウガツザクラ=加古川市加古川町篠原町
寒さに耐えて咲くオオサカカンザクラ=加古川市加古川町寺家町
拡大
寒さに耐えて咲くオオサカカンザクラ=加古川市加古川町寺家町

 兵庫県のJR加古川駅前のベルデモール商店街で、ジュウガツザクラが寒さに負けず、白と薄紅色の小さな花を咲かせている。秋から春にかけて断続的に花を付ける品種で、4月までじっくり楽しめる。

 加古川駅から南西へ約400メートル続く同商店街には、春に咲くウコンザクラやカンザクラ、カンヒザクラなどさまざまな桜が植えられ、並木になっている。

 このうちジュウガツザクラはコヒガンザクラの園芸品種で、10月に咲くことからその名が付いた。同商店街では3本が咲いている。八重咲きの小さな花が葉の付け根に3~5個集まっており、冬を乗り越えて4月になると、秋より大きな花を付けるという。

 白とピンクの花を付けるオオサカカンザクラ2本も同商店街で咲いており、こちらも4月まで楽しむことができる。

 観光ボランティア団体「かこがわ案内人の会」の河合勝彦さん(79)=加古川市=は「コロナ禍でいいニュースが少ないけれど、寒さに負けずに咲く姿を見ると希望を感じ、ほっとしますね」と話す。(笠原次郎)

東播
東播の最新
もっと見る
 

天気(1月21日)

  • 6℃
  • ---℃
  • 20%

  • 3℃
  • ---℃
  • 80%

  • 6℃
  • ---℃
  • 20%

  • 4℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ