東播

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県加古川市は20日、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種について、64歳以下の市民は2回目からの接種間隔を8カ月から7カ月に前倒しする方針を、市議会福祉環境常任委員会で明らかにした。接種券の発送や予約受け付けの時期については、地域医療課の担当者が「国からのワクチン供給量や時期が確定し次第、できるだけ早く決めたい」と述べた。

 政府による接種の前倒し方針を受け、同市は既に65歳以上の高齢者は、2回目からの間隔を6カ月に短縮する方針を示している。

 64歳以下も政府方針に合わせて7カ月に前倒しし、2回目の接種から6カ月が過ぎた後に接種券を送る。

 また個別接種は、昨年の2回目までは74医療機関で行っており、3回目は50医療機関が実施する意向を示しているという。市は2月上旬から中旬の開始を目指し、医療機関から必要なワクチン量の申し出を受けるなど準備を急いでいる。(斉藤正志)

東播新型コロナワクチン
東播の最新
もっと見る
 

天気(5月17日)

  • 22℃
  • 16℃
  • 0%

  • 25℃
  • 12℃
  • 0%

  • 23℃
  • 16℃
  • 0%

  • 24℃
  • 15℃
  • 0%

お知らせ