東播

  • 印刷
ドライバーに鉢植えや手紙を渡して安全運転を呼び掛ける児童ら=セブン-イレブン高砂阿弥陀町店
拡大
ドライバーに鉢植えや手紙を渡して安全運転を呼び掛ける児童ら=セブン-イレブン高砂阿弥陀町店

 春の全国交通安全運動最終日の15日、兵庫県高砂市立阿弥陀小学校の6年生約100人らが、同市阿弥陀町阿弥陀のセブン-イレブン高砂阿弥陀町店で、車の運転手に花の鉢植えなどを渡し、安全運転を呼び掛けた。

 同小は約60年前から、春と秋の交通安全運動に合わせ、児童が啓発に協力している。

 この日は同市職員や高砂署員、高砂交通安全協会のメンバーら約60人も参加。児童は2人一組になり、サルビアやマリーゴールドが咲いた鉢植え約50個と、安全運転への協力と感謝を伝える手書きの手紙を、同コンビニに停車したドライバーに贈った。

 参加した男児(11)は「この先も安全に運転してほしい。僕も自転車に乗る時は、ヘルメットをかぶり左右を確認する」と話した。(千葉翔大)

東播
東播の最新
もっと見る
 

天気(7月3日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 50%

  • 31℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ