東播

  • 印刷
支持者から稲美町特産の六条大麦で作った冠を贈られ、笑顔を見せる中山哲郎氏=稲美町国安(撮影・笠原次郎)
支持者から稲美町特産の六条大麦で作った冠を贈られ、笑顔を見せる中山哲郎氏=稲美町国安(撮影・笠原次郎)

 有権者が選んだのは、世代交代だった。15日に投開票された兵庫県稲美町長選。無所属新人で元同町職員の中山哲郎氏(49)が、5選を目指した現職古谷博氏(75)、新人のNPO法人事務局長土原翔吾氏(31)を破って初当選した。圧倒的な実績を誇る現職らとの激しい戦いを制した中山氏。人口減や産業振興などの課題に直面する町のかじ取りは、49歳の新しい町長に託される。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

東播選挙
東播の最新
もっと見る
 

天気(7月3日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 50%

  • 31℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ