国際

  • 印刷
 ドイツ・ボンで、会談に臨む米国のティラーソン国務長官(左)と中国の王毅外相=17日(AP=共同)
拡大
 ドイツ・ボンで、会談に臨む米国のティラーソン国務長官(左)と中国の王毅外相=17日(AP=共同)

 【ボン共同】ティラーソン米国務長官は17日、ドイツ西部ボンで中国の王毅外相と会談し、今月弾道ミサイルを発射した北朝鮮に対して「挑発を抑制するための、あらゆる手段」を行使するよう中国に圧力強化を要請した。王氏は「中米両国は世界の安定維持と繁栄の促進に共に責任を負っている」と強調した。米中外相会談はトランプ米政権発足後初めて。

 王氏は、トランプ大統領が今月の習近平国家主席との電話会談で、中国と台湾は不可分の領土とする「一つの中国」原則を踏まえた歴代米政権の対中政策を尊重すると表明したことについて「両国関係の政治的基礎を守った」と評価した。

国際の最新
もっと見る

天気(9月25日)

  • 27℃
  • 20℃
  • 10%

  • 27℃
  • 15℃
  • 10%

  • 30℃
  • 19℃
  • 0%

  • 30℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ