政治

  • 印刷

 2020年東京五輪・パラリンピックの開催を機に、障害の有無にかかわらず互いに支え合う「共生社会」実現を目指す政府の行動計画案概要が判明した。政策立案段階から障害者が参画し、視点を反映させるのが柱。ホテルや鉄道駅など各施設のバリアフリー化を全国で進めるため、整備基準も改正する。政府関係者が17日明らかにした。

 政府は関係府省庁の連絡会議を閣僚会議に格上げして20日夕に開き、計画を策定する。安倍晋三首相は国際パラリンピック委員会(IPC)のクレーブン会長と近く会談する方向で、東京大会を通じた共生社会実現への決意を伝える見通しだ。

政治の最新
もっと見る

天気(3月27日)

  • 13℃
  • 8℃
  • 30%

  • 11℃
  • 4℃
  • 60%

  • 14℃
  • 8℃
  • 40%

  • 12℃
  • 8℃
  • 40%

お知らせ