社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 トルコとシリアへの渡航が制限された旅券を手に記者会見する杉本祐一さん=19日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ
拡大
 トルコとシリアへの渡航が制限された旅券を手に記者会見する杉本祐一さん=19日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

 シリアでの取材を計画し、外務省から旅券返納命令を受けた新潟市のフリーカメラマン杉本祐一さん(60)が、国の対応は憲法が保障する「渡航の自由」や「報道の自由」を侵害しているとして命令の取り消しを求めた訴訟の判決で、東京地裁は19日、命令は適法と判断し、請求を棄却した。

 判決によると、外務省は、過激派組織「イスラム国」(IS)による邦人人質事件直後の2015年2月、トルコ国境に近いシリアの町を取材する計画を立てていた杉本さんに対し、生命や身体に危険が及ぶ恐れが高いとして旅券法に基づき旅券の返納を命じた。

社会の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 19℃
  • 17℃
  • 90%

  • 18℃
  • 14℃
  • 90%

  • 17℃
  • 15℃
  • 80%

  • 18℃
  • 16℃
  • 90%

お知らせ