社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 娘リンさんの遺体が見つかった現場で線香を手向ける(手前右から)父親のレェ・アイン・ハオさんと母親=19日午後1時ごろ、千葉県我孫子市
拡大
 娘リンさんの遺体が見つかった現場で線香を手向ける(手前右から)父親のレェ・アイン・ハオさんと母親=19日午後1時ごろ、千葉県我孫子市

 千葉県の女児殺人・死体遺棄事件で、同県松戸市立六実第二小3年レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)の両親が19日、遺体が見つかった同県我孫子市の排水路脇を訪れ、花束を手向けた。

 両親は午後1時ごろに県警の車で到着。警察官らに付き添われながら、父のレェ・アイン・ハオさん(34)は、遺体の見つかった橋の下をスマートフォンで撮影し、線香を上げた。母親は声を上げて涙を流し花束をささげた。

 県警捜査本部などによると、リンさんは3月24日朝、松戸市の自宅を出てから行方不明になり、26日朝、遺体で発見された。捜査本部は今月14日、渋谷恭正容疑者(46)を逮捕した。

社会の最新
もっと見る

天気(4月28日)

  • 19℃
  • 12℃
  • 10%

  • 21℃
  • 5℃
  • 10%

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 21℃
  • 8℃
  • 10%

お知らせ