国際

  • 印刷
 共同訓練「マラバール」に参加した米原子力空母ニミッツ(手前)と並んで航行する海上自衛隊の護衛艦いずも(奥)と、インド海軍空母ビクラマディティヤ(中央)=17日、ベンガル湾(共同)
拡大
 共同訓練「マラバール」に参加した米原子力空母ニミッツ(手前)と並んで航行する海上自衛隊の護衛艦いずも(奥)と、インド海軍空母ビクラマディティヤ(中央)=17日、ベンガル湾(共同)

 【チェンナイ(インド南部)共同】海上自衛隊と米、インド両海軍は17日、3カ国による過去最大級の共同訓練「マラバール」をベンガル湾の洋上で公開した。米原子力空母ニミッツに同乗した。海自最大のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」も参加。「空母級」の巨大な艦船がそろい、ゆっくりと並んで航行した。

 訓練は、中東からアジアのシーレーン(海上交通路)で影響力を強める中国をけん制する狙いがある。10~17日の日程で艦船18隻や航空機が参加。潜水艦の追尾や救難訓練に加え、インド南部チェンナイ港での交流行事なども実施した。

国際の最新
もっと見る

天気(11月24日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 50%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ