生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 神戸市のメリケンパークで展示するため、輸送船への積み込み作業が始まった巨大クリスマスツリー=9日午前、富山県の伏木富山港
拡大
 神戸市のメリケンパークで展示するため、輸送船への積み込み作業が始まった巨大クリスマスツリー=9日午前、富山県の伏木富山港

 神戸開港150年を記念し、港に面した神戸市中央区のメリケンパークに展示する巨大クリスマスツリーを輸送船へ積み込む作業が9日、富山県の伏木富山港で始まった。同県氷見市で採取されたツリーは高さ30メートル超。主催者は「世界最大とされる米ニューヨークのロックフェラーセンターのツリーを超える巨木」と話している。

 展示は、兵庫県川西市の「そら植物園」代表で、世界の植物を収集するプラントハンター西畠清順氏が企画した。17日に植樹、来月2日から26日まで点灯される。

 ツリーは4年前に西畠氏が発見した樹齢150年ほどのアスナロ。氷見市の支援も得て今年10月に掘り出した。

生活の最新
もっと見る

天気(12月18日)

  • 8℃
  • 2℃
  • 10%

  • 8℃
  • -3℃
  • 20%

  • 8℃
  • 2℃
  • 0%

  • 9℃
  • 0℃
  • 10%

お知らせ