総合 総合 詳報

  • 印刷
 7日、ストックホルムのスウェーデン・アカデミーで講演するカズオ・イシグロ氏(AP=共同)
拡大
 7日、ストックホルムのスウェーデン・アカデミーで講演するカズオ・イシグロ氏(AP=共同)

 【ストックホルム共同】今年のノーベル文学賞を受賞する英国人作家カズオ・イシグロ氏(63)が7日(日本時間8日未明)、スウェーデンのストックホルムで記念講演を行った。「分断が危険なほどに増えていく時代に、良い作品を書き、読むことで壁は打ち壊される」と述べ、閉塞感に覆われた世界で文学者が担う使命の重要性を説いた。

 イシグロ氏は日本人の両親の間に長崎市に生まれ、5歳の時に渡英。講演では自らの生い立ちや、記憶の中で薄れゆく日本と向き合った創作活動の原点を紹介、小説の中で「私にとっての日本」を築き直そうとの思いだったと述べた。

総合の最新
もっと見る

天気(12月19日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 60%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ