経済 経済 新商品

  • 印刷
 記者会見する楽天の三木谷浩史会長兼社長=13日、東京都世田谷区
拡大
 記者会見する楽天の三木谷浩史会長兼社長=13日、東京都世田谷区

 楽天の三木谷浩史会長兼社長は13日、東京都で会見し、2019年の参入を目指す携帯事業の全国的な通信網が、6千億円規模の設備投資額で「十分できると思っている」と自信を示した。同日発表した17年12月期の連結純利益は前期の約2・9倍となる1105億円と初めて1千億円を超えた。

 通信業界では、6千億円の設備投資では足りないとの見方が主流だった。人工知能を活用して効率的に投資し、旧世代となった3Gは扱わず費用を減らす。同席した楽天幹部は投資が複数年に及ぶとし、全国規模の通信網が整うまでNTTドコモなど携帯大手3社の回線を共用する必要があるとの認識を示した。

経済の最新
もっと見る

天気(8月17日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ