社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 不法残留したとして、国から強制退去処分を受けた岐阜県羽島市のフィリピン国籍の女性(54)が処分の無効確認を求めた訴訟の控訴審判決で、名古屋高裁は11日、請求を退けた一審名古屋地裁判決を取り消し、女性の訴えを認めた。

 判決理由で藤山雅行裁判長は、女性と永住資格を持つ日系2世のブラジル人男性(49)の内縁関係は処分当時、約4年続いていたと指摘。一審判決は「安定した内縁関係と認められない」としたが、「女性が家事を引き受けるなど夫婦同然の状態で、強制送還されれば関係に重大な支障を及ぼす」と判断した。

社会の最新
もっと見る

天気(12月14日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 20%

  • 6℃
  • ---℃
  • 70%

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ