スポーツ

  • 印刷
 6回、イルマ・サンチェス(右)を攻める藤岡奈穂子=後楽園ホール
拡大
 6回、イルマ・サンチェス(右)を攻める藤岡奈穂子=後楽園ホール

 世界ボクシング協会(WBA)女子フライ級王座統一戦10回戦が14日、東京・後楽園ホールで行われ、43歳で王者の藤岡奈穂子(竹原慎二&畑山隆則)が、30歳の暫定王者イルマ・サンチェス(メキシコ)を3-0の判定で退け、初防衛を果たした。ジャッジが3者ともに100-90の圧勝だった。

 昨年12月に男女を通じて日本選手初の世界5階級制覇を達成した藤岡は、序盤から右ストレート、左フックと強打を当ててペースを握り続けた。藤岡は20戦18勝(7KO)2敗、サンチェスは39戦30勝(8KO)8敗1分けとなった。

スポーツの最新
もっと見る

天気(11月16日)

  • 18℃
  • 11℃
  • 0%

  • 18℃
  • 6℃
  • 10%

  • 19℃
  • 10℃
  • 0%

  • 19℃
  • 7℃
  • 0%

お知らせ