国際

  • 印刷

 【テヘラン共同】イランのロウハニ大統領は5日、対イラン制裁を再発動したトランプ米大統領と、イラン・イラク戦争当時のイラクのサダム・フセイン大統領を比べ「何の違いもない。抵抗して勝利しなければならない」と述べた。

 イランでは同戦争(1980~88年)は、79年のイラン革命で誕生したイスラム体制を外敵から守り切った戦いと捉えられ、フセイン元大統領は「究極の敵」と位置付けられている。

 ロウハニ師は幹部らとの会談で「かつてサダムがわれわれの前に立ちはだかった。今はトランプだ」と発言。トランプ氏をフセイン氏と比較し、「米国との経済戦争」に打ち勝つと強調した。

国際の最新
もっと見る

天気(2月20日)

  • 14℃
  • 10℃
  • 20%

  • 11℃
  • 8℃
  • 60%

  • 14℃
  • 8℃
  • 10%

  • 13℃
  • 9℃
  • 30%

お知らせ