生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 モスクワ南部に建設された葛飾北斎の浮世絵「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」が壁面に描かれた高層集合住宅=2018年秋に撮影(エタロン・グループ提供、共同)
拡大
 モスクワ南部に建設された葛飾北斎の浮世絵「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」が壁面に描かれた高層集合住宅=2018年秋に撮影(エタロン・グループ提供、共同)

 【モスクワ共同】ロシアの首都モスクワ南部に江戸時代の浮世絵師、葛飾北斎の代表作「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」が壁面に大きく描かれた高層住宅が完成した。住宅開発会社によると、計6棟の1500戸のうち約1450戸は売却済みと「売れ行きは好調」で3月に入居が始まる。

 開発会社「エタロン・グループ」によると、6棟は31階建てで「東京タワー」と称された集合住宅。昨年12月に建設が終了した。ロシアの住宅で絵画が壁面デザインに採用されるのは珍しく、同社は「日本文化の象徴で、ロシアを含む世界で人気も知名度もあるからだ」と北斎作品を選んだ理由を説明した。

生活の最新
もっと見る

天気(4月25日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 20℃
  • ---℃
  • 40%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ