生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷

 関西エアポートは19日、ゴールデンウイーク(GW)期間(26日~5月6日)に関西空港を利用する国際線旅客数を80万5300人と見込んでいると発表した。出発のピークは27日の4万3200人で、到着が5月5日の4万100人。渡航先は中国、韓国が人気という。

 関西エアによると、GW期間中の1日当たりの旅客数は前年比12%増の7万3200人と5年連続過去最多を更新する見通し。同社が各航空会社の予約状況を基に算出した。対象期間の設定は年によって異なる。

 渡航先別では、増便が相次ぐ中国がトップの10万2千人で、中でも上海や北京が人気。次いで韓国、東南アジアへと続く。

生活の最新
もっと見る

天気(8月25日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 20%

  • 31℃
  • 20℃
  • 20%

  • 31℃
  • 25℃
  • 20%

  • 33℃
  • 23℃
  • 30%

お知らせ