生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 出荷の最盛期を迎えた岡山県倉敷市真備町地区のタケノコ=17日
拡大
 出荷の最盛期を迎えた岡山県倉敷市真備町地区のタケノコ=17日

 西日本豪雨で甚大な被害が出た岡山県倉敷市の真備町地区で、特産のタケノコの出荷が最盛期を迎えている。色が白いことや、えぐみが少なく柔らかい食感が特徴だ。被災し避難生活を送る農家が収穫で地元に戻り、にぎわいが生まれている。

 真備町地区は、タケノコ栽培に適した水分を多く含んだ土壌で、県内最大の生産地。地区の生産者でつくる「真備筍生産組合」(約140戸)によると、豪雨で半数以上の農家は住宅が浸水したが、竹林の被害はほとんどなかったという。

 JA岡山西真備西支店によると、収穫は5月上旬まで続き、県内を中心に東京や広島にも送られる。

生活の最新
もっと見る

天気(5月26日)

  • 30℃
  • 22℃
  • 0%

  • 35℃
  • 16℃
  • 0%

  • 32℃
  • 20℃
  • 0%

  • 35℃
  • 20℃
  • 0%

お知らせ