生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 改修工事が終わった熊野那智大社の拝殿=19日、和歌山県那智勝浦町
拡大
 改修工事が終わった熊野那智大社の拝殿=19日、和歌山県那智勝浦町

 和歌山県那智勝浦町の世界遺産、熊野那智大社で19日、拝殿の改修工事の完成を祝う式典が開かれた。塗り直された朱塗りの建物とふき替えられた銅板の屋根が、山の緑を背景に輝くような姿を見せた。

 拝殿は1942年に建てられ老朽化。雨漏りにより柱の一部が腐るなど、修理が必要になっていた。大社は2017年11月から拝殿の改修を中心とする「御創建1700年記念境内施設整備事業」を始めた。

 拝殿の屋根の張り出した部分、唐破風などを修理し、銅板を全てふき替えた。鳥居や宝物殿の塗装工事も行っており整備事業の完了は年末を予定。総事業費は約1億6500万円。

生活の最新
もっと見る

天気(7月24日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ