総合 総合 詳報

  • 印刷
 2019年3月期連結決算で当期純利益について説明するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=9日午後、東京・丸の内の東京会館
拡大
 2019年3月期連結決算で当期純利益について説明するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=9日午後、東京・丸の内の東京会館

 ソフトバンクグループが9日発表した2019年3月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前期比80・5%増の2兆3539億円で過去最高となった。初めて2兆円の大台を超え、トヨタ自動車の2兆4675億円に迫った。ソフトバンクGは、第2弾となる巨大ファンドを近く設立する準備に入る方針を明らかにした。

 19年3月期の売上高は4・8%増の9兆6022億円、純利益は35・8%増の1兆4111億円。傘下の巨大ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」などを通じた新興企業への投資事業がけん引した。

総合の最新
もっと見る

天気(10月20日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 20%

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ