生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 西教寺で明智光秀直筆と伝わる書状を見学する俳優の長谷川博己さん(左)=20日午後、大津市
拡大
 西教寺で明智光秀直筆と伝わる書状を見学する俳優の長谷川博己さん(左)=20日午後、大津市

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で主人公の明智光秀を演じる俳優の長谷川博己さんが20日、6月上旬に始まる収録を前に、光秀と一族の墓がある大津市の西教寺を訪れた。長谷川さんは墓前で手を合わせ「(作品を)必ず良いものにしますと念を込めた」と語った。

 長谷川さんは、西教寺に光秀直筆と伝わる書状も見学。戦死した武士の供養に米を寄進する内容で、「光秀の字から繊細さが伝わってきた。まだはっきりと正体をつかめないところがあるが、何か少し近づけたかなという気がした」と感想を口にした。

生活の最新
もっと見る

天気(11月13日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 30%

  • 22℃
  • ---℃
  • 40%

  • 21℃
  • ---℃
  • 40%

  • 21℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ