社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 山形県東根市のマンション一室で、この家に住む医師矢口智恵美さん(50)が殺害されているのが見つかった事件で、室内に大量の血痕があったことが21日、捜査関係者への取材で分かった。

 県警は矢口さんが何者かに室内で襲われた可能性が高いとみている。司法解剖の結果、頭を殴られたことによる頭蓋内損傷で、頭からも出血していた。現場検証し、不審な人物の手掛かりなどがないか調べている。

 遺体は19日夕、マンションを訪れた矢口さんの弟が見つけ、110番した。矢口さんが院長を務めるクリニックの関係者によると、矢口さんは18日夜、スタッフの歓迎会に出席した後、帰宅した。

社会の最新
もっと見る

天気(10月17日)

  • 23℃
  • 16℃
  • 30%

  • 22℃
  • 8℃
  • 20%

  • 22℃
  • 15℃
  • 40%

  • 21℃
  • 14℃
  • 40%

お知らせ