社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 知人の40代女性に性行為を迫ったなどとして、警視庁代々木署が強制わいせつ未遂の疑いで、新書「日本会議の研究」で知られる著述家菅野完氏(44)を書類送検していたことが22日、同署への取材で分かった。書類送検は14日。

 書類送検容疑は2012年7月9日、東京都内のマンションで女性に性行為を迫り、ベッドに押し倒してキスなどをしようとした疑い。菅野氏は大筋で認めているという。

 女性は、性的暴行を受けたとして損害賠償を求め提訴。東京地裁は17年8月、菅野氏に110万円の支払いを命じる判決を言い渡し、東京高裁は18年2月に菅野氏側の控訴を棄却していた。

社会の最新
もっと見る

天気(6月25日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ