スポーツ

  • 印刷

 2020年東京五輪・パラリンピック開催時の渋滞対策で、首都高速道路の通行料金に千円を加算する案が浮上していることが22日、分かった。東京都と国などが検討している「ロードプライシング」という手法で、大会期間中にマイカー利用を抑える狙い。ただユーザーの不満も想定されるだけに、導入を巡り慎重に議論を進めている。

 首都高速の基本料金は、自動料金収受システム(ETC)を搭載した普通車で距離に応じて300~1300円。選手や関係者の主要輸送ルートになるが、大会期間中は渋滞が通常の2倍程度になると予想され、大会組織委員会は交通量の削減を目指している。

スポーツの最新
もっと見る

天気(6月27日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

  • 28℃
  • ---℃
  • 70%

  • 28℃
  • ---℃
  • 80%

  • 28℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ