スポーツ

  • 印刷
 複合ジャパンカップ開幕を前に、記者会見でポーズをとる(左から)野中生萌、野口啓代、楢崎智亜、楢崎明智=24日、愛媛県西条市
拡大
 複合ジャパンカップ開幕を前に、記者会見でポーズをとる(左から)野中生萌、野口啓代、楢崎智亜、楢崎明智=24日、愛媛県西条市

 スポーツクライミングで世界選手権(8月・東京都八王子市)の代表選考会となる複合ジャパンカップ開幕前日の24日、有力選手が愛媛県西条市で記者会見し、男子で昨年の第1回大会を制した楢崎智亜は「一つ一つの種目で自分のパフォーマンスに集中していけば、いい結果が残ると思う」と連覇へ抱負を語った。

 来年の東京五輪はスピード、ボルダリング、リードの3種目の複合で争われる。会見に出席した楢崎明智や女子の野口啓代、野中生萌らは日本協会の強化指定ランクが最も高く、25日の予選を突破すれば東京五輪出場権が懸かる世界選手権の複合代表に決まる。

スポーツの最新
もっと見る

天気(6月25日)

  • 28℃
  • 20℃
  • 0%

  • 28℃
  • 17℃
  • 10%

  • 31℃
  • 20℃
  • 0%

  • 32℃
  • 19℃
  • 0%

お知らせ